用途別防音室・価格

  1. トップページ
  2. 用途別防音室・価格

一生残る「音感」は、良い音、良い響きの中で育ちます。

防音施工実施後のお部屋

音を楽しむ上で欠かせないのは、環境です。

どれだけ良い楽器や機材を揃えても、そこから発せられる音を外からのノイズが混ざる事なく、聴ける環境は多くはありません。
リブテックでは一戸建てはD50-db、マンションはD-65dbを遮音保証としております。

防音施工を「ショールーム」で体験
遮音測定レポート

施工後は遮音測定のレポートをお渡しします。

施工後には一戸建てはD50-db、マンションはD-65dbを確認していただくために、各部屋の面から遮音測定を行い、結果をレポートで提出しております。

ピアノ室の計画

半完成の箱物を組み立てるのでなく熟練の職人が下地から仕上げまでを現地で作ります。遮音性能は絶対ですが響きなどの残響音の問題も計画の一部にしています。
ピアノの場合、壁からの反響がない空間ではとてもつまらない音になってしまいますが、反響がありすぎのライブな空間では演奏している音がわからなくなり、とても耳が疲れる部屋になってしまいます。
お客様のピアノが本来出すことの出来るベストな音がでる部屋を創るようにしています。また最近の計画で密閉型の防音室でなく特殊機密サッシの引き戸を利用して開放感のあるビアの室の計画も出来るようになりました。

基本性能 木造:D50-db
マンション:D-65db
工期 6畳で2週間程度
天井 吸音天井

木造住宅の場合

木造住宅の場合
遮音
D-50dB
価格
6畳 250万~300万円

まず重量的なことを考える必要があります。6畳のピアノ室自体1.5tはあります。これに300キロを超えるピアノ楽譜棚まで含めると2トンは軽く超えてしまいます。床下の束の補強は必然です。また建築材料的に隙間が結構あるのも木造住宅の特徴です。高音の音は隙間から漏れやすい特徴があるので当社の場合はまず躯体の柱・梁・壁などの隙間をうめ遮音補強を行ってから防音工事に入ります。D-50dbが基本工事ですので浮き構造の防音室を作る前の躯体の遮音工事に力を入れて行っています。

マンションの場合

マンションの場合
遮音
D-65dB
価格
6畳 200万~250万円

マンションの場合隣家とは150~200mmのコンクリートで隔離されています。当社の防音室の遮音性能にプラスされるコンクリート壁になるように当社ではコンクリート壁に96kの吸音材を貼り付けコンクリートに伝わる音の振動を抑える工夫をしています。
隣家に対してD-65dbを基本仕様にしてありますので特にコンクリートへの振動防止に力を入れています。これらが合間って24時間練習できるピアノ室がマンションでも可能になっています。

ドラム・スタジオの計画

P-リハスタの計画では木造住宅での依頼が一番多いのですが、2割ぐらい壁厚に取られてしまうので注意してください。
最近とくにDAWルームの防音工事の依頼も多くなってきてこれらスタジオの電気関係の設計も重要視して計画しています。D-トランスを使用するスタジオの計画も増えてきています。
またレンタルスタジオの場合は営利目的のため別の角度からの計画も必要とされます。集客できるデザインとお客様から喜ばれる音場環境の計画などコストパフォーマンスも最大限考えたスタジオにしないといけません。

広さ 12畳で計画すると10畳程度になります。
音場環境 かなりデッド
重低音・中高音の吸音は音源等で調整
個人用の場合
遮音
D-65dB
価格
8畳 350万円

屋外に対しⅮ-65db以上確保しないと近隣クレームが心配です。
商業用の場合、外部環境のみならずスタジオ間・待合ロビーなどの遮音性能も大変重要になります。
当社の場合 防音工事を外部環境とスタジオ間に対しⅮ-65dbを基本仕様としてあります。待合ロビーに関しても練習されている曲がわかるといった状態ではお客様へのサービスとしては問題がありますよね。計画はD-60dbを基本仕様にしてあります。

このような計画をせずに作られたリハーサルスタジオの改修要請がありました。結構な工事費用で作られてはいたものの遮音測定も行わない業者であったようです。
開業後の改修では莫大なコストがかかるだけでなく十分な対策がとれません。

レコーディング室の計画

遮音
D-65db
価格
スタジオ8畳+レコーディング室12畳 700万円前後

防音工事は基本的にはスタジオの計画と同じですが スタジオ間のD-65dbの数値は分厚い遮音壁での数値です。しかしレコーディング室の場合 基本的には窓が必要になります。この窓を通して防音レベルD-65dbを最低基準として確保しなければなりません。
写真のスタジオは木造住宅のなかになりますが実用に耐えうるD-65dbの遮音性能は確保できています。
又 建物の新築時にスタジオを計画する場合は 建築計画時から打ち合わせをすすめることで間取り環境、電源環境、音響環境など理想的なスタジオつくりが可能になります。

シアタールーム・リスニングルームの計画

遮音
D-65dB
価格
8畳 300万円

以前100万円を超えるようなプロジェクターが30万円台でも3Dが楽しめるものが市販されるようになり近年ホームシアターの依頼も増えてきています。5.1CHで映画館並みの音を出されます。もちろん防音工事もそれなりの遮音性能が要求され音場の環境も色々な注文があります。デッドな空間をつくりPAで音を作るお客様単に響きの空間を作り楽しまれるお客様などお客様の要望にそうシアタールームを計画工事は可能です。
最近のプロジェクターも性能が向上し6畳でも充分なシアタールームの計画は可能です。

お問い合わせ・見積請求

マンション D-65dB ⼾建て D-50dBを保証!

防音工事・各種リフォームのお見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

このページのトップへ