ピアノ防音室

  1. トップページ
  2. ピアノ防音室
ピアノ防音室春のキャンペーン無料

ピアノ防音室の特徴

ピアノ防音室の遮音性能について

マンション防⾳工事の場合

遮音
等級
ピアノ
管楽器
備考
Dr-85dB    
Dr-80dB
Dr-75dB
Dr-70dB 全く聞こえない 完璧な夢のピアノ室
Dr-65dB
リブテック基本仕様
リブテック基本仕様
近隣クレーム発生は少ない
Dr-60dB 近隣クレーム発生の危険
Dr-55dB 夜静かな時に聞こえる 近隣クレーム発生の危険大
Dr-50dB 時間制限などの必要性
Dr-45dB かなり聞こえる
Dr-40dB
Dr-35dB
Dr-30dB

⼀⼾建て住宅防⾳工事の場合

遮音
等級
ピアノ
管楽器
備考
Dr-85dB    
Dr-80dB
Dr-75dB
Dr-70dB
Dr-65dB
Dr-60dB
Dr-55dB 全く聞こえない 完璧な夢のピアノ室
Dr-50dB
リブテック基本仕様
リブテック基本仕様
近隣クレーム発生はない
Dr-45dB 近隣クレーム発生は少ない
Dr-40dB 夜静かな時に聞こえる 近隣クレーム発生の危険
Dr-35dB 近隣クレーム発生の危険大
Dr-30dB かなり聞こえる 時間制限などの必要性

※D等級は日本工業規格が制定した遮音性能を表す単位です。数字が大きいほど遮音性能が高くなります。

定型タイプの箱物を組み立てるのではなく、熟練の職人が下地から仕上げまで現地で作り上げます。
遮音性能は絶対ですが、演奏に重要な響きなどの残響音も計画の一部にしています。
ピアノ(グランドピアノやアップライトピアノ)の場合、壁からの反響が全くない空間ではとてもつまらない音になってしまいますが、
反響がありすぎの空間では演奏している音がわからなくなり、とても耳が疲れる使用になってしまいます。
マンション、戸建て、木造、鉄骨など部屋の作りや室内の広さ等を考慮し、お客様の環境に合わせピアノが本来出すベストな音響となるよう部屋を創るようにしています。
また密閉型の防音室でなく特殊機密サッシの引き戸を利用して開放感のあるピアノ室の構造・設計も可能となりましたのでお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

ピアノ防音室の施工事例

リブテックでは、これまで様々な環境で、1000件以上の防⾳室・防⾳工事の施工実績があります。

ピアノ防音工事の基本仕様

建築会社ならではの技とこだわりで感動の遮音と響きを実現します。

当社の防⾳工事は、遮⾳性能はもちろん⻑時間の練習でも耳が疲れない工夫など⾳響レベルを熟慮した設計です。
既設の天井を解体し、少しでも天井高を出し、天井全体の吸⾳性能を向上させるようにし、ホールで演奏しているような⾳響空間をつくります。
また、防⾳性能を向上させるため、当社ではまず躯体の壁と天井の遮⾳補強工事を⾏います。どうしても防⾳室から漏れる⾳を外部に漏らさせない工夫です。
防⾳室の重さ・楽器の重さに耐えうるように、床下を支える束の数を増やす工事も必須にしてあります。

リブテック 基本仕様

リブテックピアノ防音室の基本使用

他社 基本仕様

ピアノ防音室他社仕様
リブテック 他社
天井工事 既設の天井を解体後、天井高を上げて天井全体の吸音性能を向上 現状天井下に防音天井(天井吊りボルト仕様)
床工事 浮き床工事(ゴム仕様) 無垢フロアー 浮き床工事(グラスウール仕様) 合板フロアー
躯体工事 躯体壁遮音補強 なし
遮音性能・保証値 マンション:Dr-65dB/⼾建て:Dr-50dBを保証 Dr-35dB・Dr-40dB
防音ドア 2重 1重
遮音サッシ 2重(10mm+6mm硝子) 1重(5mm硝子)

※D等級は日本工業規格が制定した遮音性能を表す単位です。数字が大きいほど遮音性能が高くなります。

施工後は遮音測定のレポートをお渡しします

遮音測定レポート
遮音測定レポート

完成前に遮⾳測定を⾏い、数値データで確認。職人が調整し、最終仕上げします。
施工後には⼀⼾建てはDr-50dB、マンションはDr-65dBを確認していただくために、各部屋の面から遮⾳測定を⾏い、結果をレポートで提出しています。

特定の⾳域だけでなく、JIS規格で定める中心周波数の6帯域(125㎐〜4KHz)はもちろん、16㎐(超低⾳域)〜16KHz(超高⾳域)まで、⾳域ごとに分けて性能を測ります。
あいまいな遮⾳測定は⾏いません。

ドアや窓、床、壁だけの防音工事の落とし⽳

部分的防音工事だけでは不⼗分︖

ピアノの防⾳を⾏う場合、ドア、床、窓だけの部分的な対策を⾏っても、⼗分な防⾳措置が出来ておらず、せっかくお⾦をかけて対策したにもかかわらず、再度の防⾳措置を弊社に相談いただくケースが数多くあります。⽤途に応じてどこまで、防⾳対策を⾏った方が良いか、部屋の状況やご要望からアドバイスをさせていただきます。まずは、お気軽にご相談下さい。

防音室選びで失敗しないための5つのチェック項目!

  1. 1施工後の遮音測定がJIS規格に基づいている
  2. 2見積もり内容が明確になっている
  3. 3工事内容の説明を受けている
  4. 4複数の業者から見積もりを取った
  5. 5施工業者が建設業登録がある

防音室選びの失敗談はこちら

お問い合わせ・見積請求

マンション Dr-65dB 戸建て Dr-50dBを保証!

防音工事・各種リフォームのお見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

このページのトップへ