「防音工事をおこなったのに、満足した演奏・練習ができない。。。」
これから防音工事をお考えのお客様に失敗から学ぶ防音工事事例を紹介します。また防音工事に関するお役立ち情報なども発信していきます。

防音工事講座 ~ドラム・バンド編~

2020/02/05

戸建住宅 バンド防音工事

防音工事講座 ~ドラム・バンド編~

こんにちは!
防音・音響工事 全国対応のリブテックです。
今回は、戸建住宅にドラム室をつくる!をテーマに注意点や特徴を紹介します


「防音工事を行ったのに満足した演奏ができない。。。」
このようなご相談が異常に増えています。
失敗してからでは遅い!これ以上 不幸な人が増えないように防波堤として
防音工事講座では失敗しない防音工事を発信していきます。
 

防音工事講座 ~ドラム・バンド編~

ドラムによる低音の振動が厄介!ドラム室は1階のお部屋が有効!

音の種類として500Hz以上の高音は窓などの隙間から伝わります。
ドラムや外を走るトラックなどの重低音は直接 壁や基礎に振動を与えます。
ゆえにドラム室では基礎となる床が最も重要です。
当社ではドラム室を木造住宅につくる場合、1階のお部屋に床をコンクリート仕様で計画をします。
この工事を行わないとバンド演奏が可能な遮音性能にはなりません。
また、バンド演奏の音量に耐えうるお部屋をつくるには窓も無しで重厚な壁をつくる必要があります。
当社では生ドラムが入る場合、最も高い遮音性能(外壁+1m地点 Dr-60㏈)で計画をします。
(上記写真:リブテック浮き床コンクリート)

どうしても2階のお部屋しかない。。。という方はご相談下さい。

 

防音工事講座 ~ドラム・バンド編~

ドラム室をつくるには、どれくらいの広さが必要?

当社にご相談いただいた際によく聞かれる質問は1番は費用面ですが、
広さについてもよく聞かれます。
今まで手掛けてきたドラム室で1番小さなドラム室は仕上がり2畳です。
ドラムセットだけで目いっぱいで、入退室の際にドラムセットを寄せなくてはドアが開けられない広さでした。
ですので仕上がり3畳は必要と思います。
バンドメンバーと練習に使用する場合は仕上がり5畳はほしいですね。
どこの防音業者でも現状のお部屋より仕上がりが小さくなると思いますが、
当社ドラム室の場合、6畳のお部屋が4畳ほどに仕上がります。
ですので仕上がり畳数+2畳ほどのスペースが必要です。
(上記写真:リブテック施工物件ドラム個人練習用)
 

防音工事講座 ~ドラム・バンド編~

大切なのは業者選択!遮音保証・遮音測定は必須!!

自宅を持つと同時にドラム室をつくるという夢。。。非常に多いです。
ここでの業者選択が成功するか失敗するかの分かれ道です。
だいたい失敗される方に共通することは、しっかりと遮音保証などの確認もしていないことです。

本体工事をするハウスメーカーや工務店に、ついでにつくってもらったケースが多いですが、
お客様も業者もお互いに不幸になる案件ばかりでした。
お客様の立場からすると建築関係者が「できる」と言えば信用してしまうのは仕方がないこととは思います。
ですが、せめて完成後の遮音保証や遮音測定をしてもらえるかは確認しましょう。
知識のない業者は建材メーカーに見積りや計画をまかせ、その仕様通りにつくっていきます。
防音資材で説明書通りにつくれば音がとまる。というのは間違いです。
どんな資材でも使い方ひとつで変わってしまいます。
音というのはそんなに簡単なものではありません。
業者に関してもある意味  被害者であると思います。お客様のご希望に応えるためにしたことが大変なことに。。。
防音工事専門の会社に相談しましょう。

防音工事講座 ~ドラム・バンド編~

新築工事なら同時施工がお勧め!無駄な費用の削減が可能に。

新築工事の場合は、本体工事と同時施工がベストです。
本体計画時から本体工事の業者としっかり打ち合わせを行い、
同時に施工に入ることで余分な解体費や養生費も発生せず
内装仕上げなどを本体と一緒に施工して頂くことで全体的な費用が抑えられます。
防音室はしっかりと防音専門業者にお願いしましょう。
失敗のない自分だけのドラム室を手に入れて欲しいです。(R.A)
(上記写真:リブテック施工物件バンド室)

防音工事はデリケートな工事です。失敗を繰り返さない為にも、お客様をはじめ施工する業者も気をつけて下さい。

後悔したくないあなたに リブテックが最適な防音工事を提供します
すでに他社で防音工事をしたけど不安
これから防音工事を検討してるので相談したい
そんなお悩みに親身に対応させていただきます。

防音工事の各種お問い合わせ・見積請求

安心保証

防音工事・各種リフォームのお見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-695-086

FAX.0561-72-5886




運営会社
株式会社リブテック 株式会社リブテック